埼玉の防音室工事TOP > 高い防音性能を実現するため



私たちの採用する商品は、必ず、メーカー推奨の防音商品です。
ネットでも新商品を探すのですが、採用するかどうかは、実際の施工例を見てからにしています。

防音工事をする会社は当たり前の事かもしれませんが、2重窓や、弾力性のある壁材、鉛製のものやゴム製の製品を使います。

ガラスも真空ガラスやスペーシアなどを使い、高い防音効果を実現しています。
また、施工方法でいうと、ダウンライトなどは天井に穴を開けますので、「防音」の場合は使うのはおススメしません。

「防音」の基本は壁に穴を開けないこと。つまり、機密性を高くする事です。

そして、同じ「防音」でも、音が響くものを抑える「防音」と、子供が飛び跳ねる音などにに対応する「防振」などがございます。



やはり、お客様から直接お話しを伺い、どのような防音を希望されるのかを確認する事が大切になります。

何も考えずに、ただ窓を二重にすればいいというものではありません。そのような場合は逆に音が共鳴してしまうこともあるのです。

防音工事に取り組んできた36年のキャリアが全て頭の中に入っていますので、それをお客様に提供させていただきます。